コンタクトレンズ処方箋なし

コンタクトレンズは処方箋なしで購入ができる。

コンタクトレンズは今までは、眼科で購入するか眼科に併設されているコンタクトレンズのお店で購入するのが基本でした。
しかし、眼科は基本診療ではあまりもうからないので、コンタクトレンズの金額を高く設定して販売しているため消費者にとってはとても高い買い物になってしまっています。
しかも、コンタクトレンズの併設のお店で購入しようと思った場合には、処方箋が必要になり、なぜだか高いお金を支払わなければならないことになっています。
こういうことを疑問に思う人もいると思います。
そもそも、コンタクトレンズの原価というのはとても安いのです。30円でできるという話もあります。
コンタクトレンズの素材は、ソフトレンズとハードレンズで若干違うけれど、

 

ソフトレンズは、材料に PHEMA (ポリヒドロキシエチルメタアクリレート) あるいは PVP (ポリビニルピロリドン) というゲル状の合成高分子化合物を使った、水分を比較的多く含む含水性ソフトコンタクトレンズと、ブチルアクリレートとブチルメタクリレートの共重合体を使用した、水分を含まない非含水性ソフトコンタクトレンズとがある。
とWIKIにはでている。

 

では、コンタクトレンズを安く購入するためにはどうしたらよいのだろうか?
購入するためには、処方箋にかかっている金額をなくすというのが一番です。
コンタクトレンズの処方箋がなくてもコンタクトレンズを購入することができると法律的にはなっています。
あの処方箋は、眼科が儲かるための仕組みみたいなものですね。

 

ですから、高いという悩みを抱えている方は、処方箋不要のネット通販がおすすめです。
レンズのデータがあれば簡単に購入ができます。
ですので、一度でも店舗で購入してコンタクトレンズがあれば購入できるということです。

 

↓こちらのサイトで紹介しているお店が安く購入できておすすめです。

 

コンタクトレンズ 処方箋 不要

 

毎日の暮らしの中でコンタクトレンズは欠かせません。
特に、コンタクトレンズの予備をもっておくことはとても大事になってきます。
地震などでメガネを使えない場合には、コンタクトレンズの予備と洗浄液や目の健康を守るグッズが必要になってきます。
そういうものがあるかどうかというか、準備はとても大事だと思いますよ。